薬剤師の仕事について


薬剤師求人は、全国的に見ると人手不足という傾向があります。薬剤師求人サイトなどを見ても、求人掲載数は多くあり薬剤師が転職するにはしやすい状態と言えます。地域によって差はありますが、正社員の薬剤師求人は調剤薬局が1番多く次に病院、ドラックストアと続きます。

求人数が調剤薬局は多いですが、ドラックストアは人手不足傾向が強いので、薬剤師が転職しやすい場所でもあります。病院は、人気が高く定職率が高い為求人枠が多くない傾向です。しかし、病院によっては人手不足の所もあるので、薬剤師求人サイトなどでも掲載されているケースがあります。

薬剤師の給与面では、都市部より地方になればなるほど人手不足があり、高い給与での求人が多くあります。待遇を上げる為の転職なら、地方はやりやすい状況と言えます。病院や調剤薬局、ドラックストアなどで薬剤師が待遇的に良いのは、ドラックストアか調剤薬局の順になり、人気のある反面病院は他に比べ待遇が良くない傾向にあります。

転職サイトの選び方

薬剤師は、医療系の仕事の中でも、高収入で安定しているイメージですよね。薬剤師の資格をもっている人、これから資格をとる人、就職先はどうやってさがすのがよいのでしょう。

その中でも転職サイトを利用する場合の注意点ですが、転職サイトの登録は最低でも3つはしましょう。必ず大手紹介会社が運営しているのを選びましょう。小さい会社では1つ1つの求人案件に対するヒアリングがしっかりされていない可能性が高いからです。

特におすすめなのが、マイナビ薬剤師とリクナビ薬剤師になります。この2つは他のサイトと違って、薬剤師でない一般の人材の紹介からきているので、他の会社より豊富にそろえているのです。

マイナビ薬剤師は、全国に支店があるので、面談ができ、アドバーザーがとても親切などの評判が高く、リクナビ薬剤師は大手有名企業への紹介をしているのが多く、他社よりもヒアリングに力をいれているので、大手の求人の情報をもっていることが多いのです。大手の企業の就職したい人にはリクナビ薬剤師を利用するとよいと思います。

どこで仕事をするのが良い?

薬剤師は資格を持っていれば仕事に困る事はない職種です。大きな病院ほど待遇が良いので薬剤師として長く働くなら福利厚生もしっかりしている国立病院などに就職するのが第一選択になると思います。

年収700万や800万などの好待遇も夢ではありませんので。その他でも調剤薬局で働くという方法もあります。こちらまも専門スキルがなければ勤まらない仕事ですから募集はかなりあります。もし既婚者で扶養ないで薬剤師として働くなら事情を話せば病院などで週2.3日とかでも相談に乗ってくれるところもありますので。

一つの職場で実績を残していけば結婚後も引き続き良い条件で雇ってくれるのであちこちに移るより一つの職場にとどまることをオススメします。最近多くなっているのがドラッグストアの求人です。こちらも薬剤師は必要不可欠ですので自給もかなり優遇されています。パートタイマーとして隙間時間でも割のいい仕事になりますのでこちらもオススメします。